記事

2020 / 01 / 09  

フリーランス・個人事業主になる前に知っておく事

サラリーマンと始めたばかりのフリーランスでは決定的に違うことがあります。
それは・・・・
信用力です。

この日本に於いて、まだ始めたばかりのフリーランスにはとても厳しい社会です。
・サラリーマン=安定

・フリーランス=不安定
と物凄く古い価値観で審査されてしまいます。

正社員であれば楽々通りそうなクレジットカード作成の審査が通りません。。
今やネットやスマホを多用する時代では無くてはならないのがクレジットカードです。
フリーランスを始める前のサラリーマンであるうちに
1枚~2枚は作っておくのが得策です。

他にも引っ越しの際、賃貸で部屋を借りる際の審査も通りにくいです。
フリーランス、個人事業主と判ると途端に冷たくなる不動産屋もいます。
初期の段階では部屋を借りるだけでも大変なのです。

さらには住宅ローンの審査はかなり困難です。
住宅ローンは信用情報機関を使い厳密な信用調査を行います。
フリーランスで最初の段階では仮に良い売上げ実績を積んでいても
営業年数が少ないので仮審査で落ちる場合もあります。

フリーランスを始める際にはこれらを念頭に始める必要があります。
この信用力を上げる為にも売上がしっかりと有り、
納税していることを証明する為にも確定申告を必ず行うことが重要です。

確定申告は面倒くさくてもわからなくても諦めず

お近くの税理士さん等に相談して頑張ってください。

◎まとめ

  • フリーランスを始めたばかりの頃は信用力が低い事を念頭に始める
  • 会社員を辞める前にクレジットカードを作成しておく
  • 確定申告をしっかりして信用力を上げていくことが大切